ちょっとしたアクセントになる半襟

着物を着た際に、襟からわずかに見えている布地が半襟です。広く知られているのは白の無地のものですが、実は無地だけではなく、刺繍が施されているものや、柄物など様々な種類があり、着物に大きなアクセントを与える存在でもあります。そんな半襟は江戸時代から普及するようになり、男性用は黒地を用い、女性用は季節によって色を変えたり、儀式用に豪華な刺繍を施したものなど、多くの種類が登場しました。
例えば淡色の着物の場合、全体的に地味になってしまいがちなことから、鮮やかな刺繍が施されているものが使用されたり、あるいは着物と同系色の色を用いることによって、全体的にバランスが取れるようにすることもありますし、また、襟から半襟が何センチ出ているかによっても印象が大きく変わることがあります。
また、半襟は着物の下に着る長襦袢に縫いつけるために、季節や趣向によって手軽に交換することができるので、自分好みのオリジナルなアレンジをすることができるアイテムなのです。

めくるめく着物の世界へ